TOEIC750以上を目指す方必見

英語の試験として学校や企業で広く利用されているのが、TOEICです。この試験は、現在の所、英語力を判定するための一つの指標となっています。そのため、スコアを上げることが多くの方の課題です。この試験には、一定のパターンがあることが知られています。リスニングとリーディングがミックスされており、それぞれ時間配分が異なります。リーディングの問題の量が圧倒的に多く、受験者は最後まで問題を解くことが出来ないケースも少なくないのです。リーディングには、文法問題や読解問題があり、一筋縄ではいかないのが特徴と言えます。試験のパターンは毎年同じであるため、素早く問題をとくためのテクニックも、最近では紹介されています。過去の問題をチェックして、独特のパターンを掴むことがスコアを上げるための一つのコツです。

時間配分を考えることが大切です

問題をじっくりと考えて解きたい方にとって、TOEICはややストレスの多い試験となります。この試験は1問に余り時間を割くことが出来ないのが、一般的です。瞬時に判断を下す必要があり、迷いがちな方は注意が必要となります。特に自分のペースで問題を解いていくリーディングの部分は、数秒程度で答えを出していくことがポイントです。問題の難易度と出題の順番は無関係であり、分からない問題を潔く飛ばすこともこの試験で成功をおさめるためには求められてきます。文法が苦手な方は、後半部分の読解問題に集中するという手もあります。読解問題は、比較的解きやすい問題が多いです。英文量のボリュームとレイアウトの複雑さに尻込みしてしまうことがありますが、落ち着いて解けばかなり点数が稼げる部分と言えます。

語彙力や文法力、リスニング力を強化します

TOEICは、いわば総合的な英語力をチェックする試験です。ですので750以上のスコアを獲得するためには、リスニング力や文法力、語彙力などをバランスよく高めておく必要があります。文法問題には判断に迷うような内容も多く見られます。ですので、受験前にはかなり細かい部分まで見直しておくことが大切です。また、読解問題を制覇するためには、ある程度の語彙力が必須です。内容自体は易しくても、語彙が分からないと正しい回答が出来ないことがあり得ます。文法問題の部分でも語彙力は必要となりますので、レベルを上げる努力が必要です。リスニングは、やはり慣れが物を言います。英語のニュースやアナウンスなどを日頃から聞いておくことで、かなり聞き取りやすくなります。本番で慌てないためにも、英語の文章を聞く習慣を身につけることが重要です。

短期集中講座では全国からご受講いただいております。 多くの出版社等からの執筆依頼も絶えません。 当塾では、日本人講師とネイティヴ講師がそれぞれの視点から英語を教える、効率的な学習法を実践しています。 GW・夏期・冬期には4日間の短期集中講座を開催! 学校、仕事帰り等お気軽にお立ち寄り下さい。 TOEICの専門イングリッシュッスクール【エッセンス】